スポンサードリンク


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
【修正】2018.9.2
文章と用語を修正しました。

今回は『ペンタコンシックス私的心得

五か条! 寛容な気持ちが大事!

と、題しまして、お話をしたいと思います。


かなり古い、東ヨーロッパ、東ドイツで生産された

カメラのこと。


知っている人は知っている話とは思いますが

今回はちょっとしたきっかけがあったので

あらためて取り上げてみます。


先日、カメラ雑談会(カメラ好きが集まって

ワイワイやるだけの会合です。)で

フィルムカメラに関心を持った若い人が

いたのです。


それで何がきっかけで関心を持ったのか

詳細はわからないものの

ブローニーフィルムを使う中判カメラで

ペンタコンシックスを扱いたい!

と言うのです。


でも、現在、持っているわけではないとあり

予備知識として教えて欲しい様子。


一同

「フーン」

と、皆、頭の中では


「珍しい人が入ってきたものだ」

なんて表情をしつつも、誰が口火を切るでもなく


「積極的だな」

「それもありかな」

と話は弾んでいきます。


それで、集まった仲間(一応先輩です。)から

「せっかくだからと」

その場に現物はないものの、過去資料を持ち出して

話の花が咲くことに・・。


それで、その時の話を『私的心得』として

表しておきましょう!

ということなのです。


ただ、これをご覧の方に向けて

念のため、これだけは発しておきます。


中判カメラを扱いたかったら

「まずは国産が『一番』よいですよ」

「それがたとえ中古であっても」

「メインテナンスはできますから・・ね」


と、付言して、先に進みます。


では『五か条』です。

一つ目

ペンタコンシックス、東ヨーロッパのカメラに寛容であること。

基本、壊れる前提で扱わないと

精神衛生上よくないのです。


特に、ペンタコンシックスは生産されてから

あまりにも時間が経ちすぎています。


また、不具合があっても

「まあ、いいか」

ぐらいの気持ちがないと、付き合えないかも。


これはキエフのカメラでも同じです。


ですから

たとえ、サブカメラの位置を与えることはあっても

メインカメラとして

持つことは避けた方がよいでしょう。


(と、下げておいて、今度は持ち上げます。)

とはいえ、ペンタコンシックスで用いるレンズは

よいものがあると思うのです。


フレクトゴンビオメターゾナー

これらは捨て難い魅力を持っているか・・と。


ですから

ペンタコンシックスへの寛容さを持てれば

楽しい撮影道具となることは間違いない!

・・でしょう。


二つ目

まずは操作部位を覚える!

これは対応可能でしょう。

操作を行う基本的部位を覚えるだけ


意外とこれをせずに、と言いましょうか

知らないで触る人が過去にはいました。

参考までに貼っておきます。

ペンタコンシックス 使い方


ペンタコンシックス 使い方


ペンタコンシックス 使い方


(古い人の過去の経験値、その視点で見てください。)

※ ビオメター80mmレンズが付いています。


三つ目

プリズムファインダーになると・・。

視野率が極端に低い!70%ぐらい!

これはしようがないですね。


そうなっているのですから

つまり残り30%ほどイメージしながら

ファインダーを通して構図を考える必要がある

ということ。


ただ、これは僕の知っている範囲では

慣れてくると、だいたいの目安を付けて

撮影する人はいました。


古い機材と

楽しく付き合っていきたい人であれば

大丈夫でしょう。


四つ目

勢いよく、間断なくシャッターチャージを行う!

これは東ドイツのみならず

旧ソ連産のカメラと付き合う時は

よく言われた話です。

KIEV88CM・・ペンタコンシックスマウント、お作法を誤るとオシャカになるウクライナ製カメラ




とにかく

このアトのフィルム・コマ間の違いなどに

影響が出た際には

その要因として話に上がるものです。


「勢いよく、ビシッとシャッターチャージ」

「そして、フィルムを巻き上げろ」

と・・ですね。


また、こんな感じの言い方も耳に入れたものです。

「ゆっくり、途中で止まってはいけない!」

「一動作で行え!」

・・と。


このカメラも16、7年前に手元に来て

嬉々としていたころは

よく師匠はじめカメラの達人(自称)から

注意を頂戴したものです。


五つ目

フィルム・コマ間ダブリがあっても慌てない!

基本的にフィルムコマ間のダブリがない!

適切な間隔のあるものが手元に来たら

ラッキーと思うぐらいがよいでしょう。


確かに、大丈夫な個体もありますし

(手に入れたことは二回あります。)

ダメな場合も結構あります。


どうしてダメなのか、それはわかりませんが

基本修理に出しても、それほど長い間

いわゆるまともな状態を維持してくれるものは

少なかったと思います。


生産、出荷の品質管理が悪かった!

と、僕は勝手に想像していますけど。


話を戻して

そのため、過去、キエフ60でも試しましたが

フィルム巻取り部に紙を挟むなど・・

巻取り軸を厚くして、コマ間合わせをしてでも

使うような心の余裕は必要でしょう。


この部分に関してはキエフ60でも同様

いやそれ以上と思われますので

よかったら、こちらも見てください。

回想のカメラ【キエフ60(KIEV60)】をついにコマ間ダブリなしで使う! 少々荒療治だけど!

KIEV6Cがウクライナからやってきた!当たりはずれの大きいブローニー6X6カメラ?




とにかく、完璧を求めてはいけません。

以上ですね。


こうしたことを集まった仲間から

ワイワイと尋ね人である若い人に

インプットしてあげたのです。


ともあれ

一番はよい個体を見つけること。


ですから

手に取って外観をよく見て

そのあと操作する部位がキッチリ作動するか!


その確認を強く勧めた次第。


アトはフィルムを一本無駄にするつもりで

フィルムを通し

12コマ分のシャッターを切った時点で

裏蓋(裏カバー)を開けるのです。


そこで

フィルムに沿った遮光紙の数字確認を勧め・・


適切に

『12』(120フィルムの場合)を超えた箇所に

来ているかチェックして

大丈夫であれば、求めてもよいかも・・。


ということで

「もし、ペンタコンシックスを使うなら」

その留意点として表してみました。


今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。


また寄ってください。

失礼します。

(平成30年2月25日)

スポンサードリンク