スポンサードリンク


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
【修正】
2017.6.8
2018.2.26 & 5.1 & 12.18
文章と用語を修正しました。
【画像追加】2017.6.15
〇 アイレベル
〇 マウント
〇 シャッター速度目盛
〇 フィルム巻き上げ位置
【再編集】2017.9.4
『唐突に回想』を追加

今回は中判カメラ

PENTAX 67

バケペンを取り上げ

話をはじめたいと思います。


ペンタックス67 PENTAX67

目 次
1 PENTAX 67 いろいろ
2 PENTAX 67 基本的な仕様
3 PENTAX 67 のレンズ
4 唐突に回想

PENTAX 67 いろいろ

はじめに、このカメラ

少なくとも僕のカメラの仲間うちでは

バケペンと呼ぶことが多いカメラです。

バケペンの名の由来は『オバケペンタックス』。風貌からそんな感じを受けませんか・・。

唐突ながらも

ちょっと、響きがよい感じがしませんか

使い甲斐がある印象を受けませんか


と、少々、強要気味にアプローチしつつ

話をさらに広げていきますと


そもそもバケペン、旭光学が売り出したカメラ。

1969年、登場です。


ただ

この部分、明確な資料を持ち合わせません。


仲間うちで聞くと

「1969年ぐらいかな」

ですから・・


言葉に表しながら曖昧で申し訳ありませんが

目安で承知して頂ければ幸いです。


とは言いながらも、根拠となる資料を手元に

持たないだけで、間違いはないと捉えています。


とにかく

過去の記憶を紐解くと、このカメラは

僕が『カメラ小僧』のころからの憧れでした。


それは・・この点、大きさ。

「ね、デカいでしょう。」


PENTAX67 バケペン


まるで、35mm判の一眼レフカメラが

形変わらず

そのまま大きくなった

そんな感じ。


ですから、重厚長大を好み、デカいものが

お気に入りな方にはもってこいと思います。


PENTAX67 バケペン


そして、このカメラでよく言われる特徴は

アイレベルファインダーをベースにする

ペンタプリズムの存在でしょう。


形状を見れば、ほぼ間違いなく

「なるほど!」

とうなづかれるのではないでしょうか。


PENTAX67 バケペン


続いて、カメラ名称の変遷に触れてみましょう。

三回ほど、移り変わりを持つのです。


早速、表してみます。


と言いつつ、ここでも言い訳がましいのですが

時期はカメラ仲間の言葉と資料を重ねています。


間違いはないと見ていますが

目安にしてください。

ASAHI PENTAX 6X7  1969年
PENTAX 67  1989年
PENTAX 67II  1998年



そこで、この移り変わりの中で

特徴的な変化と思われるものを取り上げると

こちら。


ミラーアップ機構が、1975年頃の生産品から

付いているのです。


ですから、低速シャッター撮影が従前より

行いやすくなっています。


また

通常、カメラに実装して付いてくるレンズは

基本、こちらとなっていました。

 標準レンズ  105mm

※ 90mm もあったかもしれません。

(絶対と言い切れず申し訳ないです。)


PENTAX67 バケペン


アト、大事なことを付言しますと

電子シャッターですから

電池は必要となります。


4LR444SR44 が該当します。


ほかに、67IIに触れると

これは残念ながら、あまり使ったことがなく

67IIが持つ固有のスペックなどに関して

多くの言葉を持ちません。


ですが、基本的なことは変わりませんよね。


たとえば、マウントは6X7、67と同じです。

古いレンズから最近まで発売されていたレンズも

使えます。


ですから、PENTAX 67 全般を見回すと

結構、融通の利くカメラと言えるでしょう。

PENTAX 67 基本的な仕様

ここからは、ちょいとパラパラ

・・メモを開きつつ

基本的な仕様に触れてみます。


ファインダー

アイレベルファインダー

ウエストレベルもありますが、ここでは一般的と考えアイレベルを取り上げました。

PENTAX67 バケペン




露出

手動マニュアル




マウント

ペンタックス67マウント


PENTAX67 バケペン


PENTAX67 バケペン




シャッター速度

B、1-1/1000 秒


PENTAX67 バケペン




フィルム

120/220(ブローニー)


PENTAX67 バケペン




フィルム切り替え

圧板の位置変更ですね。

120と220へ、左右にスライドさせて

所望の切り替えを行います。


PENTAX67 バケペン




フィルムバック

なし、フィルムは本体と一体化




フィルム装填1

フィルムの矢印をスタートマークに合わせます。


PENTAX67 バケペン




フィルム装填2

巻き上げレバーを動かし、カウンター0まで操作

つまり、初動は少しフィルムを巻きあげます。

※ 多くのカメラと同様


PENTAX67 バケペン




重さ

1200g(これは目安です。)


数値として、取り上げる大きなところは

この部分だけかと。


また

PENTAX 67IIは次の機能が付加されている

と耳に入れていました。


手元には絶対と言える資料がないので

保有者の言を引用しています。

目安にしていただければ幸いです。


1

● 絞り優先AE


2

● 6分割評価測光

● 中央重点測光

● スポット測光


3

● TTLストロボ機能に対応


以上ですね。


ただ、これらは便利と言えば便利ですが

往年のベテランのカメラ巧者によれば

それほど重要なものでもなかったようです。

(師匠の言葉を借りています。)


とはいえ

それはベテランだから・・でしょう。


はじめての人には、十分操作性が上がることは

間違いないと思うのです。

PENTAX 67 のレンズ

では

ここで手元にあるPENTAX 67のレンズを

並べてみましょう。

こんな感じ。


まずは、45mmから・・。

これは軽くて使い勝手がいいですね。


PENTAX67 バケペン


ペンタックス67 バケペン


こちらの画像は、3年ほど前

新宿駅をさすらいついでの撮影から


ホーム停車中のNEXを捉えて

早朝曇り空の環境で一枚パチリです。


続いて55mmです。

これは初期のタイプにあたります。


PENTAX67 バケペン


さらに、75mm。

よいレンズですが使用頻度は小でした。

僕、個人としては。


PENTAX67 バケペン


そして、もう一つ、165mmです。

ポートレイト・・女性撮りによいと思います。


しかし、結構重いのです。

手持ちは腕力を鍛えましょう。

なんてね。


PENTAX67 バケペン


ということで、今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

PENTAX(ペンタックス)67に初期の55mm広角レンズで遊ぶ! 渋谷の街を白黒で撮ってみる!



PENTAX(ペンタックス)67に最終版のSMC 45mm F4広角レンズで遊ぶ! 東京駅の早朝を散策する!



白黒中判カメラ6X7で遊ぶ・・「ペンタックス67」片手の都心散歩!




また、寄ってください。

では、失礼します。

(平成28年8月18日)

スポンサードリンク


唐突に回想

はじめに

PENTAX 67が手元にやってきたのは

カメラ人生もかなり進んだ

40代に差し掛かるころ、遅めでした。


当時、何気に手元にやってきました。


そして

目の前に鎮座したPENTAX 67は中古。

新品はとても手が出せません・・ハハ。


ところで

僕は元来、そもそも6×6への関心が強く

鎮座はしたものの、動座いただいたことは

長らくなかったのです。(4、5年ほど)


そのためか、このカメラを真に活用するのは

10年ぐらい前と比較的、日は浅いのです。


どうして、そんなに奥手扱いとなったのか

と、言えば、多くの方がご承知のように

このカメラは重く、しかも、あの大きさ。


街撮りの相棒には、少々抵抗感が強かったのです。


それでも、ハッセルブラッドへの熱が冷めたころ

「ヨッコラショ」と背負って

渋谷、九段、新宿と歩いたことが思い出されます。


背中に背負うバッグが異様に膨れるので

通りすがりの人に「山に行くのか」などと

声をかけられ、苦笑いをしたこともあります。

(こういう場合、笑うしかありません。)


そんな思い出もあるためか

このカメラも結構、感慨深いものがあるのです。


ここで、多くの方は同様の思いをお持ち

と察しますが、唐突ながら

自説と言いましょうか、日頃考えていることを

お話してみますと


まず

PENTAX 676X767、さらに67II

いずれもレンズマウントが同じです。


これは本文でも表していますが

三代に渡るレンズを、どの時代のカメラでも

基本的に使える利点を持っています。

本当は『四代』表現が正しいかもしれません、6X7前後期がある様子。

つまり、カメラのタイプでレンズを

・・既出(既生産品)レンズの使用可能範囲を

考える必要はないのです。


これはすごいことでしょう。


カメラでレンズの選択に悩むことは基本的にない

と考えられるわけです。

(僕が思っているだけかもしれません・・が。)


そこで、たとえば、マミヤRZ67RB67

取り上げて考えてみます。


この二つ、互換性がないわけではありませんが

ほぼ別々のカメラと捉えた方が無難です。


名称は似ていますし、何となく形状も似ています。

(RBの方が無骨、でも頑丈そうには見えます。)

しかし、異質のカメラでしょう。


そこで、別々との見なしの評価のもとは

RB67(機械式)ではRZ67のレンズ使用が

できない点。


その逆においては、先ほども触れましたが

可能な場合もあります。


しかしながら、それでも

7mmほど余計に繰り出しを行わないと

無限遠がつかめないのです。


そのような条件が付くのです。

マミヤRZ67、RB67には、それ自身の利点は当然あります。ここではファミリー化がされていない点を取り上げただけ。

それで、ここにあげた諸々を考慮して

大きく整理すると、PENTAX 67は

レンズ資産を有効活用できる点で優れている!

と思うのです。


少々、遠回し的な表現に終始しましたが

PENTAX 67のレンズ使用範囲の幅を

強調させていただきました。


ここで、もう一つ付言すると

このカメラ、時間の経過、経年変化があっても


本体の更新、修理を通じて

6×7タイプの写真撮影ができる優れもの。

(・・と思っています。)


つまり、手間暇を惜しまなければ

長い間、付き合えるカメラの一つでしょう。


・・という流れで続きましたが

今回はここで閉じることとします。

お付き合いいただき、ありがとうございました。


また、寄ってください。

失礼します。

(平成29年9月4日)