スポンサードリンク


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Vivitar200 F3.5
(ヴィヴィタール)

今回は20年ぐらい持ち続けてきたレンズをご披露します。


Vivitar ペンタックス


と、もったいをつけた言い方ですが、なんとなくですね。

今もあまり知らないけど、大事に持ち続けてきたレンズがある!

それだけの話なんですが、ただ、工作程度というか。
作りはよかったので、印象には残っているのです。


Vivitar ペンタックス


それで、その名称ですが、これです。

Vivitar 200
(ヴィヴィタール 200)

マウントはM42、ペンタックスマウントです。
(僕の使用時に限ってはですね。)


Vivitar ペンタックス


開放時の値は『F3.5』、当時の『焦点距離200mm』レンズとしては平均的なものでしょう。

ここに広げた値は目安、カメラ仲間に尋ねたりした結果です。
参考程度で見てください。

 最短撮影距離  180cm
 重量  約600g
 フィルター径  おそらく68mm
 絞り値  f3.5 – f22
 レンズ構成  4群5枚
 絞りばね  8枚

※ 径は67mmで適合しなかったので、おそらくです。

このVivitar、20年近く前、当時のカメラ仲間から耳に入れた話によると、米国の西海岸部に本社があると聞いたものです。

でも、入手先はeBay、しかも英国からきました。
ただし、ほとんどOEM生産らしく、手元にあるのは日本製です。
故郷へ戻った、ということでしょうか。(笑)

さておき、日本のレンズ専門の会社が作っていたようです。
ちょっとひかれます。


Vivitar ペンタックス


ただ、残念ながらピンポイントでどの会社か?
それはあてられないので、ここまでしか言葉を持ちませんが、まずはそういうこと。

また、使用した結果は、何か不満を感じるとか、不具合を感じるとか。
そのようなものはありませんが、ペンタックスで使った際に少々面食らった思いはあります。

どうも、最初はペンタックスマウント、プラクチカマウントと思っていたのです。
しかしですよ、実際はマウントアダプターを付けることで、スクリューマウント(M42)にも対応しているのです。


Vivitar ペンタックス


Vivitar ペンタックス


Vivitar ペンタックス


Vivitar ペンタックス


そこでそのアダプターをはずすと、バヨネットマウントの部分が目に入ります。
ですので、検討は付きませんが該当マウントを持つカメラに合うものだったのでしょう。

さらに見ると、このレンズは生産当時、とてつもなく高価なものではなかった。
・・と思われます。

ですが、それでも廉価版というほど簡単な作りではありません。
結構工夫された部分が見られます。

それで、冒頭では作りはよいとの表現を用いたのです。

ちょっと、見てみましょう。

まずは組み込み式フードです。
このパターンは、1970年-80年代の『135mm』『200mm』の望遠レンズで見られたもの。

おそらく、その流れを持つのでしょう。


フードを出していない状態

Vivitar ペンタックス



フードを出した状態

Vivitar ペンタックス


続いては三脚座が付いています。
これは好みで分かれますが、夜間撮影時にはミニ三脚を使ったりする応用もできます。

ですので、僕としては重宝と見ています。


Vivitar ペンタックス


それと絞りばねの開閉に触れると、残念ながら自動絞りとしてのオート位置、あるいはマニュアル位置でロックする機構はなし。

となると、残念ですが、マニュアルの操作ボタンはあるものの、その状態を保てません。


Vivitar ペンタックス


面倒くさいと言えば、そう言えるかも・・。

ともあれ、常態は基本的に開放絞り状態となり、ピント合わせに困ることはない。
・・と思います。

ですが、撮影時に必要な絞り値、希望する絞り値へ、マニュアル(M)ボタンを押し込み。
その状態を維持して撮影することになります。

これを忘れると、「あれっ」となりますので「ご注意!」でしょう。

プチまとめすると、絞り値をどんなに設定しても、常に開放。
ただ、撮影の時に意識して絞りばねを動かす!
カメラ操作を楽しむ人にはよいかもしれません。

他に被写界深度目盛が大きいので、被写体に迫り速写で何でも撮りたい方には向いていますよ。


Vivitar ペンタックス


それで、実際の活用は被写界深度目盛りを使いまくりのマニュアルボタン押しまくりでやってみました。

こちらがその結果、5年以上前の江の島です。
(平成24年春)
サンプルとして並べてみます。


Vivitar ペンタックス


Vivitar ペンタックス


Vivitar ペンタックス


見たとおり、一応撮影はできるのです。
どこにでもある画像ですけど。
結果は撮影者によりますので寛容に、ハハ・・。
※ Tri-x 400 f11 1/250

ということで、今回はここまで。
お付き合いいただき、ありがとうございます。
また、寄ってください。

では。

(平成29年11月11日)

スポンサードリンク